夢を見たり昼ごはんを食べた

夢を見ました。人形が動く夢を見ました。人形が動く夢は初めて見ました。人形が動く夢は、運気が上昇して今が何かを変えるチャンスであることを表しているそうです。そして、スポーツの番組を見ました。今回は、ダーツについてやっていました。ダーツのことが少しでも分かって良かったです。そして、昼ごはんを食べました。さぬきうどんを食べました。鍋で作って食べました。さぬきうどんは、すごく久しぶりに食べました。天かすをかけてから食べました。そして、プリンを食べました。少し小さいサイズのプリンでした。あっさりした味でした。そして、ゼリーを食べました。ブドウ味でした。思っていたよりも美味しかったです。そして、パンを食べました。中にはシュガーマーガリンが入っていました。そして、19時くらいから放送されているバラエティー番組を見ました。今回は2時間スペシャルでした。最初は、俳優さんと女優さんでロケに行って、いろいろなグルメを食べていました。次は、グルメを食べながらお悩み相談をするコーナーをやっていました。そして、晩ごはんを食べました。デミグラスハンバーグと目玉焼きと白ごはんを食べました。目玉焼きは、ハンバーグの上にのせて食べました。ハンバーグは、すごく久しぶりに食べました。レストランで食べたハンバーグと同じくらいの美味しさでした。

イクメンは家族を仲良くする?!

子供を出産する前、「早くべびちゃん出てこないかなー」と楽しみにしていた旦那。子供好きだからきっとイクメンになるだろうと思っていた私。その期待は子供が生まれてすぐなくなりました。
おむつ替えも言わなきゃやらない、抱っこしていても子供が泣いたらやっぱりママじゃないとだめなんだよとすぐ渡してくる旦那。私だって新米ママだから抱っこしてたって泣かれるし面倒なことは全てママじゃないと?を理由に私に任せられて育児のイライラより正直使えない旦那に対してのイライラが毎日でした。このままじゃ旦那のこと嫌いになると思って私はずっと我慢していた気持ちを旦那に言いました。どうやら私が旦那に向けたイライラは旦那としては育児にイライラして自分に当たってきていると思っていたみたいでした。喧嘩になりましたが、自分の大変さ、私が旦那にしてほしいことを話し合い、私も我慢して我慢して怒りを爆発させるのではなく、日々ここはしてほしいなと思うこと、ここは気を遣ってほしいなと思うことを伝えます。こちらからお願いと伝えれば旦那もわかってやってくれるので今では育児に協力してくれて本当に助かっています。今ではすっかりイクメンと友達からも言われるほどです。男性はパパになってもその時なにをやらないといけないのかわからないものです。奥さんが旦那さんをよいしょしてイクメンに仕立て上げれば夫婦関係もよくなるし(実際ストレスが減ったことで旦那にも優しくなれました)子供もそんな親を見て幸せだと私は思います。

専業主婦は楽だって誰が決めた?

現在私は2年の休業を経て仕事に復帰しましたが、2年間の専業主婦の間、腑に落ちないことが多々ありました。
それは「専業主婦は楽でいいな」の言葉。
悪気がないのでしょうが友達にも「専業主婦って楽しそうでいいな」とか旦那にも「時間があるのになんで全部掃除できないの」とか…。子育ての大変さを知らないからこんなこと言えるんだろうなあと呆れて言い返しもしませんでした。
うちの子は乳児期常に抱っこしていないと泣いてしまう子で、寝かしつけも寝たと思ってベッドに降ろすとすぐ起きてしまいまた一からやり直しで本当に手がかかるこでした。泣かせてても気にしない人は気にしないのでしょうけど、第一子ということもあり私は1日の大半を抱っこしたりと子供に寄り添っていたので、毎日充分に家事はできませんでした。家事も子供が泣いたらすぐ中断していたので、夕飯なんかも3時間前から取り掛かったり、みんなが思うほど専業主婦って楽じゃないんだけどなあ。でもこれも私が子供を持った今だから言えることで独身だったら専業主婦に対する見方は世間と同じだったんだと思います。
「専業主婦は楽」よりか私は旦那のほうが楽でいいなと思っていたほど。子供が卒乳するまで1年半は夜2時間半続けて寝れればいいほうだったので..笑
まだまだ根強く思い込まれている専業主婦=楽。
自分が実際にその立場になって生活していないのに表面だけ見て決めつけるのはよくないですね。

レンタルして「純黒の悪夢」を観ました

4月から6月まで映画をやっていた、名探偵コナンの最新作「純黒の悪夢」が5日の日にレンタルされると聞いてはいたのですが、私は風邪をひいて仕事を休んでいて寝ていると、母から携帯で「お姉ちゃんがライン見てって言ってるわよ」と聞き、ラインを見ると「近所のツタヤにまだ在庫あるから、借りて来て、今夜一緒に見ようよ」と言われました。
「熱あるから外出たくない。やだ」
と返信すると
「えーそんな~借りて来てよ~私8時まで仕事なんだよ~」
とうるさいので、仕方なくレンタルしに行く事になりました。
熱でぼんやりしてる頭でフラフラしながら運転してツタヤに着くと、在庫が残りあと5作くらいしかなく、「何とか間に合ったようだ」と、来たついでにコナンのレンタルバッグなるものも買っていこうと思い、店員さんに「すみません、コナンのレンタルバッグってまだ売ってますか?」と尋ねると、「ありますよ、こちらですかね」と見せて下さいました。
絵柄がコナンと、今女の子たちに人気の二人組のキャラが描かれており、使うワケでもないのに買ってしまいました。
「シールもおつけしますね」と付けて下さり、レンタル料と合わせて702円でした。
帰って来て「借りて来たよ。先に観てて良い?」と尋ねると「良いよ」との事だったので、寝ながら久しぶりに観ました。
映画館に5回も観に行った作品ですが、やはり何度観ても面白いものは面白いです。
本当はセル用のブルーレイやDVDも5日発売予定だったのですが、予約数が多かったらしくて、25日の発売に延びたんです。
私も予約しているんですが、待ち遠しいです。

1歳8カ月で保育園に入れてみたら

私は現在2歳の子を持つ母親です。
子供が1歳過ぎたら働いてほしいと以前から旦那に言われていましたが、私自身幼稚園育ちで4歳まで母と過ごしていた日々が幸せだったので、こんなに早く子供を保育園に預けて働くことに抵抗がありました。
それでも働くことになり、保育園も無事入園できましたが、最初の2週間毎日ギャン泣きの我が子を泣く泣く置いていき、母子ともに辛いときでした。毎日泣かれる度にやっぱりまだ早すぎるんじゃないか、かわいそう。の気持ちが強く、せっかく入れた保育園を退園させようか本気で迷いました。
ですが通いだして2週間過ぎた頃段々保育園が楽しいところだと理解してきたのか、別れるときも泣かなくなり、今ではすっかり私に見向きもせず友達の輪に入っていき、ママばいばーいなんて言いながら笑顔を向けてくれます。
保育園に入ってからお友達と遊ぶことを覚え、周りを見ながら自分も1人でご飯を食べることを覚え、おしゃべりも上手になりました。私との時間は確かに減りましたが、帰ってきてからの子供との時間は密になって、私も一日中子供といるときよりちゃんと向き合っているように思います。
初めはあんなにネガティヴな気持ちしかなかったのに、今では入ってよかったことだらけで入ってよかったなと思います。
保育園にいれるなんて可哀想なんて今ではこれっぽっちも思いません。
保育園にいれるか悩んでる方、ぜひ参考にして頂けたらと思います。

息子ネコを抱っこしてやっぱりかわいいですね

この辺、野良ネコちんが増えましたね。今日も「にゃーにゃー」とトラ色の息子ネコがやってきたので、ごはんをぱらぱらとあげたのですが、その後、別のネコもやってきて、「この人間、果たして自分を攻撃してくるのか」という風に疑っていたので、同時にわけてごはんをあげてあげたのでした。息子ネコとはずっと仲が良くて、この辺の敷地で、ごろごろと猫が寝ころんだの如く、寝転んで遊んでいるネコなので、勝手がわかっていると思います。ごはんがほしい時だけやってきて、後は好き勝手に遊んでいるというものでして、でもその息子ネコと、他のネコが交尾をして、まさしくネコだらけになっているという面白い状況です。基本的に保健所に連れていく人間がおかしいのだと思う方です(超一方的な意見)で、息子ネコ、抱っこ出来るくらいの親近感があるので、抱っこしたら、ごはんを食べている最中だったのか、喉でくるくると音をたてていました。ネコに詳しくない私ですが、邪魔するなにゃーと言っているように思えたので、離しましたけれど。ともあれ、空前の犬猫ブームになっており、私もネコは大好きです。わんころも、添い寝してくれたり可愛いけど、一人につき一匹という感じだから、そんななついてくれないんですよねー。

ネコが魚をくわえて大豪邸から出てきました

今日、いつものネコの母ちゃんが、ととっと、この辺の豪邸の家から出てきたのですが、何と珍しく、大きな魚を一匹くわえて出てきたのでした。それを「あげないにゃん、わちしの餌にゃん、近寄るなにゃーにゃー」という感じで、さっさと、どこかに消えていったのでした。なんだろうあの大きさな魚と思っていたのですが、この辺の大地主の家なので、家からしてでかいという風になっています。門が自動で開く、庭も半端なく広いという感じです。それで、その話を親としていたら、実はあの豪邸、池があるのだそうで、そこから魚をネコが持ってきたのではないかという事らいしのですが、池と思ってびっくりしました。そんなもの作るなんて、よほどの財閥だわなと思いました。田舎でも東京ですよ。この辺の建売の中古が600万くらいです。その4倍くらいの広さの家で、一見何かの博物館だとか記念館のように見えなくもない大豪邸だったので、池の魚をネコはもっていったのかと思うと、一般市民には理解しがたいものがありますね。まあ、金があるのですから、ネコに魚をあげたのかもしれませんが、何だか普段私たちも食べられるか疑問のような魚なのでした。個人的には金があると、そんなすごい家も建てられるのだなと思った次第です。

切迫早産……実家での息子との暮らし

切迫早産と言われて、絶対安静を、言い渡されて、実家に……。
せっかくの休み。シルバーウィークだったのに。

家から出られないどころか、ひたすら横になっている日々。

ウテメリンの副作用も辛いし……。
どんな副作用なのかというと、インフルエンザで高熱を出してフラフラしてる、体がほてる、頭もガンガンする、気持ち悪い、のに、プラスして動悸が止まらない感じ。

でも、お腹の子は良いみたいで、ウテメリンを、飲み始めてからガンガン動くようになった。
胎動が痛いくらい。

そうだよね、もう妊娠9ヶ月だもん、上の子の時も胎動、痛いくらいだった。
それがあんまり感じてなかったのは、やっぱり、知らぬ知らぬのうちにお腹が張ってたからなんだな……と、反省。

今日から、上の子一歳、は、初めての保育園が通いになる。
産むまで…わたしが正産期になるまでは、保育園通いが続く。

人見知りしない子だから、多分、楽しんでくれるはず。

だけど困ったのが、送り迎え。
主人と実母が、かなり無理してる。

特に、実母。お母さん。

仕事しながら、わたしと創息子の世話も、してる。

ありがたいし頭が上がらない、のだけど……如何しても、息子のお世話があまい、というか、やめほしいことをやられると、つい口が出ちゃう。

手づかみ食べだから、レンチンで熱々にしないで、と伝えているのに、あったかいほうが美味しいとあっためるし、ベビーチェアの上で立って危ないから、ベルトを必ずしてほしいのに、息子が嫌がるからしなかったり……。

実母だからはっきりその場で伝えてるけど、これが姑さんとかだと、言えないんだろうな。

同居している方々、本当に本当に、お疲れさまです……と思わずにいられない、ここ数日です。

新幹線に乗りまして。広島まで。

今年、今月になりましてから、広島まで、休日に行ってきました。今年の冬に、地元の図書館の中のパソコンを借りまして、インターネットで歌のコンテストを検索していました。本当は、私は、もっと歌を歌いたいのです。ですが、その時は、冬でして、空の色は薄暗くて、気持ちまでも暗くなってしまいそうでした。そして、実は、体調も優れませんでした。
そして、3月からは、暦の上では春なのでした。私は、あほでした。いつまでも、寒さを感じていました。そして、冬の時の洋服、冬用のコートを毎日着ていました。今年は、私からしますと、春の訪れが遅いのでした。3月、4月、寒い日々が続いてしまったと思うのです。なかなか、冬用のコートも手放すことが、できませんでした。
そして、私が住んでいます地域は、寒いのでした。不本意ながら、残念ながら、悲しいながら、経済的にも厳しい状態が、続いてしまっています。お財布の中が、寒いですと、心の中まで、私の場合、冷え切ってしまっているようでした。とても悲しいです。
明日は、クラウドソーシングの報酬金が振り込まれるのかなぁ。早く、振り込まれたいのです。早く、あたたかくなりたいのです。
今月のはじめ、広島まで、新幹線を使いまして、行ってきました。楽しみにしていました歌のコンテストが、開催されるからでした。結果は、ダメでした。1次予選、敗退でした。残念です。そして、これからは、前向きに過ごしたいです。

ちょっと嬉しいと感じたこと

今年7歳になる猫を飼っています。
兄弟2匹、子猫の時に保護をしてそれからずっと一緒にいるのですが、いつのころからか寝る時に必ず2匹とも首元にやってきて寝ています。
夏になるとこれが物凄く暑いのですが、どうしてもピタっとくっついてくるので、仕方がなくそのまま一緒に寝ています。

この意味を最近まで知らなかったのですが、人間の顔に近いところで寝る猫はその人のことを信頼している、ということなのだそうです。
信頼をしていない場合には顔からより離れたところで寝るそうなのです。
今までいた猫の中で物凄くなついていた子がいたのですが、その子は必ず足元で寝ていました。
邪魔にならないところで寝てくれていたのかな、と思っていたのですが、それは間違いだったようです。

今いる2匹は相当安心をして、信頼をしてくれているんだなと思うと嬉しかったです。
他にも足にスリスリしてくるのは、この人は自分のもの、というアピールなのだそうです。
子猫の時からずっと一緒に暮らしているので、そう思ってくれるのは嬉しいことですし、当たり前のことになっているのかもしれません。

起きる前になると顔を舐めてくる子もいるのですが、これは構って欲しいの最大のアピールなのだそうです。
ちょっと面倒ではありますが、甘えてくれるのもなんだか嬉しいです。