専業主婦は楽だって誰が決めた?

現在私は2年の休業を経て仕事に復帰しましたが、2年間の専業主婦の間、腑に落ちないことが多々ありました。
それは「専業主婦は楽でいいな」の言葉。
悪気がないのでしょうが友達にも「専業主婦って楽しそうでいいな」とか旦那にも「時間があるのになんで全部掃除できないの」とか…。子育ての大変さを知らないからこんなこと言えるんだろうなあと呆れて言い返しもしませんでした。
うちの子は乳児期常に抱っこしていないと泣いてしまう子で、寝かしつけも寝たと思ってベッドに降ろすとすぐ起きてしまいまた一からやり直しで本当に手がかかるこでした。泣かせてても気にしない人は気にしないのでしょうけど、第一子ということもあり私は1日の大半を抱っこしたりと子供に寄り添っていたので、毎日充分に家事はできませんでした。家事も子供が泣いたらすぐ中断していたので、夕飯なんかも3時間前から取り掛かったり、みんなが思うほど専業主婦って楽じゃないんだけどなあ。でもこれも私が子供を持った今だから言えることで独身だったら専業主婦に対する見方は世間と同じだったんだと思います。
「専業主婦は楽」よりか私は旦那のほうが楽でいいなと思っていたほど。子供が卒乳するまで1年半は夜2時間半続けて寝れればいいほうだったので..笑
まだまだ根強く思い込まれている専業主婦=楽。
自分が実際にその立場になって生活していないのに表面だけ見て決めつけるのはよくないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です